03-5845-8200
東京都足立区足立1丁目-12-12 
足立メディカルモール2F
English

近視進行抑制

近視進行抑制とは

近視進行抑制

当院では近視の進行抑制に効果が期待できるマイオピンによる治療を行っています。なお、同治療につきましては、健康保険や医療費助成度の適用外となります。

近視について

近視とは、角膜から網膜までの距離が長いことや、角膜や水晶体の屈折率が変化してしまうことで網膜の手前でピントが合っている状態で、これは屈折異常のひとつです。原因については、遺伝あるいは環境要因などが考えられています。環境要因とは、携帯型ゲーム機の使用や暗い場所で本などを読む、近方作業を長時間行うなどです。

なお、近視は眼鏡やコンタクトレンズによって矯正することで網膜の中心に焦点が合うようになり物が見えるようにはなりますが、その周辺ではズレが生じるようになります。これを補おうと眼軸長(眼球)が伸びることで近視は進行するとも言われています。そのため、眼鏡やコンタクトレンズを装用している方は定期的に眼科で検査を受けることも大切です。

マイオピンについて

なお当院が近視進行抑制に使用するマイオピンとは、アトロピンという近視に有効とされる成分が0.01%配合された点眼薬です。アトロピンの点眼薬というのは、もともと1%含まれた点眼薬というのが使用されてきましたが、散瞳作用などの副作用が現れることから、多くの医療機関で処方するということが控えられてきました。

その後、0.01%の含有でも近視症状の進行が軽減される効果がみられ、副作用も抑えられるといたことが判明するようになり、0.01%低濃度アトロピン点眼療(マイオピン)が開発され、現在に至っています。なお同薬を近視治療で採用している医療機関は増えつつあります。

オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーは近視矯正法のひとつです。これは、寝る前に特殊なコンタクトレンズを装着して就寝、すると翌朝には視力が矯正されるようになって、日中は裸眼で過ごせるようになるというものです。なお治療を希望される場合は、適応検査を受ける必要があります。

対象となる方につきましては、軽度から中等程度の近視で角膜が軟らかいとされる若い方になります。使用の際は、寝る前に特殊なレンズを目にのせるような感じで装用します。そして睡眠中に角膜の形状が変化していくことで、矯正の補正レンズがなくとも日中は不自由なく過ごせるようになるのです。

住所
東京都足立区足立1丁目-12-12 
足立メディカルモール2F
アクセス
東武伊勢崎線「五反野駅」から徒歩8分
電話番号
03-5845-8200
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

…14:00~17:00

Page
Top